会社で恫喝され退社するも忘れられない

私が以前、勤めていた会社は夫婦で経営しており、2人共が恫喝を繰り返していました。
周りの同僚たちにとって、恫喝や夫婦喧嘩は日常茶飯事でそれが当たり前と思っているような異常な会社でした。

やはり退職者も多く、私がいた1年間で16人中8人が退職しています。
それも消えるように去っていって、いつどうしてやめたのかわからない閉鎖的な会社でした。
現在は専業主婦で、退職して1年以上過ぎましたが、その時の嫌な気持ちと経営者の顔を思い出し、毎日、心の苦しさは続いています。
とにかく忘れたいので、友達とのランチ、家族との会話やおでかけ、読書、工芸、ペットのカメとのふれあいに癒しを求めたりしていました。
時が経つにつれ、記憶は薄れて行っていますが、一日たりとも消し去ることができず、心で反芻してしまいます。
でも集中していると、その思いだしの時間は徐々に短くなり、ある一定の効果はあると思います。
集中して忘れることにつきると思います。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたいデオドラント石鹸